【沖縄おすすめイベント】2018年桜まつり

今年の沖縄の冬は寒い印象がありますが、1月下旬からは本土より一足先に桜の季節がやってきます。沖縄の桜開花は北から始まり南下してきますので、先に沖縄本島北部の桜まつりが開催されます。見頃は1月下旬から2月上旬です。1ヶ月足らずであっという間に開花しますので、来沖で観光の際には沖縄の桜まつりにも立ち寄るのもいいですよ。沖縄の桜は琉球寒緋桜という種類で、本土のソメイヨシノと違ってピンクの色が強く、独特な色彩を楽しめてくれます。

世界遺産での桜まつり

世界遺産登録の今帰仁城跡にある桜が開花するのが1月中旬です。地元の方はもちろんですが、観光客も多く訪れる沖縄県内でも人気の桜まつりです。夜はライトアップされた今帰仁城跡と夜桜が楽しめます。

第11回 今帰仁グスク桜まつり

期間:2018年1月27日(土)〜2月12日(日)

場所:今帰仁城跡

今帰仁村今泊5101

入場料:大人400円、小中高生300円、幼稚園以下無料

問い合わせ:今帰仁グスク桜まつり実行委員会 TEL:0980-56-2256

沖縄県今帰仁村今泊5101

県内最大の桜まつり

今帰仁グスク桜まつりと同日開催するのは名護桜まつりです。名護城跡の名護中央公園内に桜いっぱいが開花します。また約2キロに渡る遊歩道は桜並木になって多くの人が訪れます。桜まつりは名護市一体が盛り上げるため様々な場所でイベントも開催されており、桜だけでなく市内で楽しめます。ライトアップもあり夜桜を楽しむこともできます。

第56回 名護さくら祭り

期間:2018年1月27日(土)〜1月28日(日)

場所:名護中央公園、名護十字路大通り、名護漁港構内

名護市名護5511名護城公園

問い合わせ:名護市観光協会 TEL: 0980-53-7735

沖縄県名護市名護5511名護城公園

開花一番の桜まつり

もとぶ八重岳の桜まつりイベントはすでに1月20日開催でした。イベントは終わりましたが、桜はまだ楽しめます。標高453mの八重岳はこの時期になるとピンク色に変わります。場所は美ら海水族館施設に近く、八重岳へのアクセスも便利なので多くの観光客がこの期間は立ち寄るスポットにもなっています。

第40回もとぶ八重岳桜まつり

期間:2018年1月20日(土)〜2月4日(日)

場所:八重岳桜の森公園

本部町並里921八重岳桜の森公園

問い合わせ:本部まつり実行委員会 TEL: 0980-47-6688

沖縄県本部町並里921八重岳桜の森公園

南部エリアならここで

沖縄本島南部では八重瀬町の桜まつりが有名です。八重瀬公園には約500本の緋寒桜が植えられており、桜まつりのイベントでは地元の特産物やイベントなどが開催され、多くの来場者が桜を楽しみます。またライトアップもあり夜桜に遠くの那覇市エリアの夜景も楽しむことができます。すぐ近くには沖縄で最古の富盛のシーサーもあるので、是非寄ってみてください。

第12回 やえせ桜まつり

期間:2018年2月4日(日)

場所:八重瀬町八重瀬公園

問い合わせ:やえせ桜まつり実行委員会 TEL: 098-998-2344

沖縄県八重瀬町八重瀬公園

那覇市内ならここで

那覇市のさくらまつりは空港の近く、漫湖公園で開催されます。公園内や遊歩道沿いに並ぶ桜を楽しむことができます。イベント期間中は出店もあります。

那覇美らさくらまつり

期間:2018年2月10日(土)〜2月11日(日・祝)

場所:漫湖公園

那覇市古波蔵

問い合わせ:漫湖さくらまつり実行委員会事務局 TEL: 098-853-3554

沖縄県那覇市古波蔵漫湖公園

ちょうど1月下旬からはプロ野球キャンプシーズンが沖縄本島内で始まることで、2月には本土からはたくさんのプロ野球関係者、マスコミ、野球ファンと大げさに言うほど沖縄県内は人口密度が高くなります。また近年から多くのJリーグチームのキャンプ地としても使われ、2月の宿泊先の予約は必至です。2月の寒さを乗り切ると沖縄はいよいよ夏間近の季節を迎えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする