ブラックフライデー!サイバーマンデー!

ブラックフライデー

日本でも大手のイオンが11月の第3金曜日からブラックフライデーと企画で大々的にセールを2016年からスタートしましたが、ブラックフライデーはまだ馴染みのない日本人には「?」ですね。ブラックフライデーはアメリカの感謝祭翌日の金曜日からクリスマス商戦が始まり、多くの小売店が黒字になるためブラックフライデーと呼ばれるようになりました。アメリカ人にとっては感謝祭が祝日で翌日金曜日も多くの企業が休みにしているため4連休と長い休みになるため、多くの買い物客がこのブラックフライデイセールを目当てにデパートやショッピングモールに足を運びます。目玉商品や格安セールが目白押しで、買い物客はその時にクリスマスプレゼントを選び購入します。12月前にクリスマスの買い物をすませ、遠方の知人や家族に送るという利便性もこのブラックフライデーの需要はあるようです。どれくらい安くなるかというと半額以上の値引きはほとんどなので、買い物客がテンションあがるのは一目瞭然ですね。

サイバーマンデー

近年日本でも通販サイトのアマゾンではそのブラックフライデーに対抗した形でサイバーマンデーと位置づけして、感謝祭翌週の月曜日にセールをスタートします。ネットショッピングのために「サイバー」ということです。多くの方は職場のネットを使いオンラインショッピングするため、月曜日は多くの方は仕事どころではない状態になります。オンラインショッピングは欲しい物を前もって探しておけるので、買い物のようにいろいろ歩き回ったりする必要がなく、また販売価格も小売店で販売しているよりも安く購入できる場合も多く、サイバーマンデーセールでクリスマスの買い物をする方は増えているそうです。クリスマスシーズンはとにかく買い物でお金を使うことが多くなるため、こうしたセールは庶民にとってとてもありがたいことですね。

感謝祭

アメリカの感謝祭は11月の第3週木曜日になっており、アメリカ祝日の中ではクリスマスや独立記念日と並んで重要な祝日です。起源は神様に捧げる宗教的な意味を持っていましたが、現在は家族や親戚と一緒に食事をする家族行事として定着しています。ニューヨークでは大規模な感謝祭パレードが行われ、小さな町でも感謝祭パレードが開かれるほどアメリカ人にとってはアメリカ独立記念日以来のお祭りの日になっています。そしてよくこの季節に登場するのが七面鳥です。感謝祭には七面鳥をいただくのがアメリカでは定番で、家族や親戚が集まるところでは相当なご馳走を料理します。

クリスマスシーズン

日本では11月に入るとクリスマス商戦が始まります。しかし本場アメリカではこの感謝祭が終わるまではクリスマスシーズンモードにはなりませんが、感謝祭、クリスマス、お正月と年末行事がどんどん来るので日本でもアメリカでもみなさん忙しくなるのはどこも一緒ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする