空色

数日真夏の空が広がっているけど、青空が広がって、日中快適というか暑さをしのぎながら過ごす。夕方になると真っ赤になった空を見て、明日もいい天気になりそうだなと思ったりする。自然現象の色に人はあまり気にならない。自分もそうだ。最近、色についての勉強しているせいで、トリビアではないが、なぜ青い空から日が沈む頃は赤オレンジに空が変わるか説明してみましょう。

青は短命

まずは太陽の色を説明しなければ、青い空や夕焼けの説明ができない。太陽はご存知の通り7つの色が一つの光になって地上に降り注ぐ。7つの色は虹の色を見ればわかる通り赤、橙、黄、緑、青、藍、青紫といった色になる。光は電磁波の一種で人が実際に目で感じることのできる部分はこの7色ということになる。この部分が光と呼ばれている。で、光の部分でも遠くまで届くことができるのは赤や橙、途中くらいまでが黄、緑。短い距離しか届かないのが青や藍になる。なので、青い光は大気の層に入ると、ちりとか水滴などで光の方向があっちこっちに散らばっていくそうだ(散乱)。日中は太陽が地上に近い部分にあるため、その短い距離しか届かない青の色が空を青く光らせるというのが正体。

赤が支配

夕刻になると、あたり一面夕焼けの色が空いっぱいに赤や橙の薄暗い色になると、今日も終わりだなーと、しみじみな気持ちになる。太陽は遠くに離れているため、青は短い距離しか届かないから、夕焼けを見ている人には見えない。そのかわり、遠くまで光が届く赤い光が日中の青が散乱していると同じく、空を赤くしているということ。

電磁波はイロイロ

光は電磁波と先ほど言ったけど、専門用語になるとその波長などの進み具合で様々な言い方が変わる。雷などはガンマ線。レントゲンなどはエックス線。そして紫外線。赤外線も電子レンジのマイクロ波や電波も全て電磁波だ。こうしてみると現代の暮らしには常に電磁波があらゆる方向に飛び交っていることになる。人間の目が見える電磁波はこの波長の中ではごくわずかな光の部分なのだ。

パーフェクトな光

先ほど述べたように太陽は7色でできていると言ったけど、実際太陽を見ても7つの色なんて見えない。太陽の光をプリズムなどで通すと7色の色が現れるけど、これが全て一つになって無色になるそうだ。ようするに7色はそれぞれ同じ量の光が地上に達するから色がない状態になっている。自然ってよくできているものだ!

まとめ

青空は短い波長の青。夕焼けは長い波長の赤。太陽は7色で全て同じ量の光。まとめてしまえばこんなにも簡単だ。これからは空を見上げるたびに、青の光だとか赤の光だと自然の原理を思い出してみよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする