キャンドルで癒されよう

最近では日本でも海外からのキャンドルが簡単に購入できるようになり、お手頃で簡単に癒しの空間を作ってくれるキャンドルはなかなかいいものですね!外国製のキャンドルは種類も豊富で、特にアメリカのキャンドル製品はネット通販でも手に入れることもでき、海外の香りが自宅で楽しめるのも人気がある理由かもしれません。

おすすめキャンドルを紹介します!

ヤンキーキャンドル(Yankee Candle)

アメリカでも人気ナンバー1のヤンキーキャンドルは国内でカメヤマキャンドルが独占販売権を取得しているそうです。そのため、今ではヤンキーキャンドルは国内では流通している商品なので、簡単に購入できるようになりました。ヤンキーキャンドルの特徴はサイズがいろいろあり、自分好みで選べることと150種類以上のラインアップがあり、選ぶのに迷ってしまうことですね…。甘い匂いからスパイシーなどなど好みの香りが必ずあるので、一つに絞らずに毎回違う香りを試すのもいいかもしれません。ちなみに個人的におすすめなのはミッドサマーズナイトです。夏の夜の香りということですが、夜に灯すキャンドルのコンセプトとしてはとてもエレガンスで気持ちが落ち着く香りです。

リボンウィック(Ribbon Wick)

創立1990年のバージニアギフトブランドから発売されたリボンウィックシリーズはキャンドルとしては高級感を全面に打ち出したフレグランスキャンドルです。キャンドル容器はガラスや陶器を使用し、海外では玄関、ホール、客間など空間を高級感ある演出させることができ、TVドラマや映画で小物として使われることもあります。リボンウィックは独特でゆらゆらと横一列に並んで優しい炎が灯されるので、寒い季節には暖かい気持ちになります。またフレグランスキャンドルの中では燃焼時間が長いのも特徴です。価格は少し高めですが、ギフトはもちろん、自分用としても購入しても損はしません。部屋の小物で他の人よりも差をつけたい時はリボンウィックキャンドルを是非おすすめします。種類も容器別で様々あり、甘い香りから落ち着いたサンダルウッド系などが多いです。

ウッドウィック(Wood Wick)

ウッドウィックもバージニアギフトブランドから発売され、目と耳で癒される画期的なキャンドルです。優しい炎から木が静かに燃えるようにパチパチと小さな音が出るので、焚き火が終わる頃の静かな余韻を楽しめます。また見た目も美しいフォルムのガラス製品で、蓋は贅沢に木で出来ています。ウッドウィックシリーズの中でもおすすめ商品はトリロジーキャンドルです。3層の違った香りがレイヤーになって、時間が経つとともに、それぞれ3つの香りが変わってきます。また見た目も美しい3色の層になっており、燃焼時間は100時間です。キャンドルは最後までワックスを残さず燃やしてくれます。香りは様々な季節のテーマ、自然をテーマ、アメリカ人好みの甘い香りなど30種類ほどあります。リボンウィック同様にギフトでも個人用でもがっかりさせないキャンドルです。

まとめ

いかがでしたか。海外のキャンドルはとにかく種類が多いので、自分で探すのも楽しいかもしれません。また嬉しいことに、ヤンキーキャンドルもバージニアギフトブランドのキャンドルも今では通販で手に入れることができますので、あなたに合ったお気に入りのキャンドルを是非見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする