【おすすめウォーターサーバー】グッドデザイン賞で見た目も美しい天然水フレシャス

商品は見た目も大切

私はモノの外見(デザイン)にこだわるほうです。特に部屋の家具や小物に関しては多くの方は自分のテイストに合ったデザインを選びます。今では100円ショップでもその個性的でおしゃれな小物を売る時代ですので、部屋に目立つ置くものであればなおさらですね。以前はウォーターサーバーも業務っぽく、いかにも水サーバーです!という雰囲気でデカデカとその存在を出していましたが、この富士山の銘水株式会社の商品「フレシャス」はその存在を美しく見せてくれるのがピカイチです!そのスタイリッシュなウォーターサーバーはプロダクトデザインとしてグッドデザイン賞を受賞しており、多くのユーザーの方からもこのデザインで購入判断したと言うほど部屋に違和感を作らない美しいウォーターサーバーです。また雑誌で取り上げれウォーターサーバーとしておすすめ商品として紹介されました。

オリコン顧客満足度調査でウォーターサーバー利用者6,862人に対して行われた調査の結果、フレシャスは50社以上のウォーターサーバーメーカーの中から「デザイン」「ボトル交換のしやすさ」部門で2016年、2017年に引き続き、3年連続で第1位を受賞しました!



お水は一級品です!

富士山の標高1000mで、地下273mから採水された天然水は何十年もかけて地下に浸透し、富士山の地下で蓄えられています。その地下水は琵琶湖の水よりも多くの水が蓄えられていると言われているそうです。驚くことにその自然環境で採水されたフレシャスの水は地下水汚染の指標の1つでもある硝酸・亜硝酸態窒素の濃度が0.1mg/L以下で圧倒的な低さを誇り、また富士山の玄武岩層がもたらすバナジウムを含んだ貴重な天然水です。フレシャスの冨士工場は食品安全の国際規格認証もウォーターサーバー専業メーカーとしては国内で初めて取得しており、安全基準をクリアした天然水を提供しています!

全国送料無料がうれしい!


ウォーターサーバーって自分で購入してお水を毎回運んだり、また地元のウォーターサーバーショップで申し込むのは結構面倒ですよね。フレシャスのウォーターサーバー本体のレンタルは初月無料です!(毎月税抜500円のレンタル料金が発生しますが、3箱以上購入の場合はレンタル無料になります)お水の購入は通常の宅配便のように配送されるのでお水を補充するために買いに行く手間がありません。また面倒な大きなウォーターボトルの回収やかさばるペットボトルのようなゴミが出ないのも大きな魅力です。フレシャスのウォーターパックは回収不要のビニールパック!7.2リットルなら小さくたたんで家庭用ゴミで破棄できるのがうれしいですね。また軽量パックとして採用されているため、女性や高齢者でも負担が少なく、お水の交換が楽チンです。非常に重いガロンタイプのボトルなどで苦労している方も多いと思いますが、フレシャスはこの負担を解消してくれますよ!

使いやすさが評判!

グッドデザイン賞を受賞したフレシャスのウォーターサーバーは使いやすさもグッドです!ボタン操作にしても全て人間工学を元に計算しデザインされているので、使いづらい姿勢などとは無縁です。機能性も優れ、温水でサーバー全体を循環しクリーニングしてくれる機能搭載もあります。またウォーターサーバーでよく聞く「ボコボコ」と空気が入るボトルとは違い、容器が収縮するため、お水が空気に触れずに雑菌による品質低下の心配もありません!サーバー本体は省エネ機能搭載されています。電気代を最大70%カットが可能で、電気代を心配する必要はありません。

ライフスタイルに合わせた豊富な種類!

キッチンに置いてもスタイリッシュなタイプならdewo (7.2L)、slat(9.3L)などすっきりしたデザインがおすすめです。またサイドテーブルやキッチンカウターなどにも置けるコンパクトサイズならdewo mini (4.7L)が最適でしょう!他にもベーシックモデルやキャラクターとコラボしたモデルもあるので、好みや用途で使い分ける選択があるのもうれしいですね!



サービスも充実

お水の使用はそれぞれのライフスタイルに合わせて購入ができます。たとえば1週間で使い切るのなら毎週一個やまとめた定期注文が可能ですし、通常の宅配便のように日時指定もでき、自分にあった購入が可能です。また自分自身のマイページ機能で追加注文や次回の配達をスキップしたり、配送周期の変更なども簡単にできることができます。

デザイン×おいしさ

ウォーターサーバーの見た目が美しくおければ、お水も美味しくいただけますね。新規はもちろん、乗り換えでも是非公式ページをご覧ください。きっとフレシャスは満足したウォーターサーバーとして提供できると思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク