極上の手延べそうめん

やはり夏は手延べそうめん!喉越しを爽快に感じる“そうめん”は美味しいのを頂きたいですね。

手延べそうめん起源

そうめんの起源は約1200年前、飢餓を救うために収穫した小麦粉と水を原料として保存食を作ることを目的に始まったと言われています。その場所は奈良県の三輪にあり、古くは「古事記」や「日本書紀」の舞台でもあり、国内最古の大神神社(おおみわじんじゃ)もあり、現在ではそうめんのふる里と呼ばれています。

創業1804年

「三輪山勝製麺」の「一筋縄」そうめんは全国的にすでに有名な製麺メーカーです。創業は江戸時代の文化元年。初代創業者が副業としてそうめん造りを始めたのが始まりだそうです。山勝製麺所が設立したのは明治22年。そして6代目の山下勝太郎さんが究極のそうめん「一筋縄」を生み出しました。一筋縄そうめんは他のそうめんとは違った「究極」がキーワードのそうめんです。

究極のそうめん

そうめんはシンプルで素朴な食材だからこそ、一筋縄そうめんでは全てこだわることで、究極のそうめんを生み出しました。

・小麦:最高品種の小麦の芯だけを使用。

・塩:自然天日塩を使用。

・葛:最高級の吉野葛を使用。

・水:濾過した水

・油:不使用

通常のそうめんには油が含まれており、これが酸化して味や酸化臭があるのでそうめんが美味しくないと感じる原因は油の酸化が原因かもしれません。

一筋縄そうめん

ここからは本家のウェブサイトよりの情報より抜粋です。

甘く柔らかい麺を作りたい

“手延師の技術は、原料の選択で7割が決まるといわれています。幾種類もある小麦粉の個性をどう引き出し、どうブレンドしていくか。職人の腕と経験がそこで試されるのです。勝山がいちばん重要視しているのは、小麦粉に含まれるグルテンの含有量。”

しかし、勝山は「絶対に柔らかい麺を作りたい。手間ひまでコシをつける。そうすれば、表面が柔らかくて芯がしっかりしたコシになる」と言います。グルテンのコシでごまかすのは簡単ですが、それでは小麦本来の甘味を出すことは出来ません。しかも、小麦の約3割を削り取って、旨味、甘味、香りがある部分だけを贅沢に使います。そして結果的に、“安心安全の農薬のないところをつかってる”ことにもなるのです。

原料の選択はそうめんにとって相当重要な要素です。一筋縄そうめんは旨味と甘味のバランスが完璧なほどになっており、見た目はもちろんですが、そのシンプルな香り、味、そしてコシ全てが美味しいのです。三輪山勝製麺の一筋縄そうめんは贈答用にはもちろん、個人での購入もおすすめしたいそうめんです。ネットショッピングで購入できますので、是非一度お試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする