英会話を上達にする

突然ですが、日本人は英語を中学、高校、大学も含め10年以上も英語を勉強してきますが、英語を話すことが苦手といつも言われます。数年後には東京オリンピック開催もあり、ますます海外からの人が日本に来るというに、外人を見ると逃げるという人も少なくありません。なぜ英語を勉強してきたのに、まったく頭の中に残っていないのでしょうか?よく言われるのは会話を勉強したのではなく、書くこと、読むことを勉強してきたからだと言われます。でも個人的にこの勉強でも十分英会話はできる基礎があります。そしてそれを応用として活用すれば中学生レベルでも十分英語を話すことが可能です。しかし日本の教育現場は先生だけが永遠と話し、生徒は単語の意味を勉強し、テストのために覚えるだけでそのあとのことは一切考えないというのが現実です。実際、私自身も中学から本格的に英語を学ぶにあたり、興味があったためラジオ講座で英語の勉強も合わせてしましたが、ラジオ講座の内容は時々難しく、また面倒くさいと思ったこともありました。そしてそれが実際に生かされているかどうかは分からないということが事実です。ではどうしたら、英語を好きになる。またはどう活かせるか。一番の近道はやはり英語圏に留学し、短い間でも英語の世界に住むというのがてっとり早い話しです。日本語が使えない環境だと身振り手振りをしてでもコミュニケーションをとらなくてはいけなくなり、とにかく目、耳、口で全て英語にどっぷり浸ることが、英会話を習得する近道です。しかし、そんな簡単に留学できるはずもなく、多くの方は通販サイトで英会話教材を買ったり、英会話スクールに通ったりですが、完璧に上達したということはあまり聞きません。もちろん、興味があるからこそ、こうした英会話教材やスクールに通うのですが、やはり何かが足りない。または何かが違うという違和感や焦りを感じてしまうのではないでしょうか?

自分の好きなジャンルを極めてみる

私自身はもともと英語に興味を持っていました。特に洋楽が好きで、小学生の頃から洋楽を聴いては歌の単語を見ては理解不能な状態で眺めていたことを覚えています。しかし中学生になり、知っている単語を見つけては嬉しくなったり、また辞書を引いて単語を調べてみたり、それは勉強というよりも趣味に近いものがあったかもしれません。英語の勉強も興味があれば単語をどんどん覚えていくことが可能ですし、好きな歌詞の単語を徹底的に調べて覚えるのも有効です。またその意味を理解して声にして出すということで、理解し言えるということでより自信が湧きます。

スカイプでの英会話

インターネットが世界をより身近にしたことにより、英語に接する機会も多くなりました。ネットショッピング、映像、ニュースなど様々な場面で英語を多く見かけることも増えました。またスカイプを使って無料で人と会話もできる便利な世の中になりました。英会話レッスンではスカイプを使って、格安で外国の方とプライベートで会話ができるようになり、英会話レッスンのスタイルも大きく変わりました。

スマホ、タブレット、PCがあればどこでも!

使うのはスカイプアプリで英会話するので、部屋にわざわざいる必要もなく、日中の休み時間、出先などで英会話レッスンを受けることができるのも時間を無駄なくレッスンが受けられる特徴です。

まとめ

先ほど述べたように、私自身は洋楽の歌詞の単語を調べることで単語数を増やしていきました。しかし、実際テスト、TOEICなどでははるかに違う単語が続々と出題されます。この時はしっかりと単語の勉強をする必要があるかもしれんが、やはり勉強という意識ではなく、興味があるからこそ調べて覚えるという感覚を忘れずに続けてください。またレベルが上がれば是非洋雑誌にも目を通すという習慣を持つこともいいと思います。誰も邪魔にならなければ声を出しながら英字雑誌、新聞を読むことも意識して勉強することになりますので、とても効果があります。是非試してみてください。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする