モズクを食べよう!


沖縄では食卓に頻繁に出てくるモズク酢。沖縄では「スヌイ」と呼ばれ、沖縄料理のメニューの一つです。99%が沖縄で採れたモズクが全国に出荷されています。近年ではモズクに含まれているフコイダンの成分が様々な健康や美容に大きな成果を出すと注目されていますが、モズクは本当にすごい食材です!

沖縄県もずく養殖業振興協議会HP

モズクの成分
  • カロリーは100gわずか6kcal
  • フコイダン、カルシウム、ミネラル、鉄分、ビタミン、アルギン酸、アミノ酸、マグネシウム、ナトリウムなど

モズクの食べ方は通常モズク酢ですが、地元沖縄では、かき揚げ、天ぷら、スープ、卵焼きにモズクを入れるなど、いろいろ工夫した食べ方もあります。また最近では乾燥タイプもあるので、料理に使いやすくなっています。

モズクにはフコダインという成分があり、胃の粘膜の栄養になることで、消化を助け塩分や余分な脂肪などを排出してくれる作用があります。フコダインは善玉菌の増殖を促す働きもあるので腸内環境を整え、老廃物の排出するデトックス効果も期待されています。また食前に食べることで血糖値の上昇を抑える作用もあり、食物繊維が胃の中で膨張し満腹感で、食べ過ぎなどを抑えることもできます。さらにこのフコダインは肌の保湿力を高める働きがあると言われており、シワを抑える効果もあると言われています。モズク酢としていただくと、酢の効果で代謝が活発になり、脂肪が燃えやすくなる体質になるので、ダイエット効果も期待されます。フコイダンにはコレステロール値を下げる効果もあるので、糖尿病や血糖値が気になる方にもモズクは味方してくれます!あれもこれも効果があるので、モズクは健康維持にも相当効果がありますね。ちみに私自身モズクを毎日食べていますので、常に標準体重が保たれています。知人はモズクを食べ始めて数ヶ月で8キロも落ちたと喜んでいました。腸内環境をすっきりと整えてくれるので、毎日モズクを食べることで体の内面から健康的になってきます。できれば1日100g程度のモズクを食べることをおすすめします。スーパーで売られているカップ入りのモズクは60g程度なので、朝1カップ、夜1カップずつ食べるのが理想ですが、せめて1日1カップでもいただくように習慣づけるのもいいかと思います。モズクは飲み込むのではなく、ちゃんと歯で噛んで食べることをおすすめします。モズクは95%以上が水分なので、飲み込んでもかまいませんが、残りの5%の成分もしっかりと吸収された方がいいと思います。健康志向ブームでモズクは大きく注目されました。沖縄では以前からモズク養殖が盛んで、現在もほとんどのモズクが沖縄産です。沖縄のモズクは太いのが特徴で、地元ではそうめんのように食べることもあります。本土から沖縄へ飛行機で着く頃に浅瀬の海に四角状で黒いのが見えれば、それがモズク畑です!

モズクはこんな方におすすめします!
  • お酒をよく飲む方
  • 悪酔いや二日酔い予防
  • 便秘・下痢
  • 胃の調子が悪い
  • 免疫力アップ・風邪の予防
  • アレルギーを暖和
  • 血糖値が気になる
  • 代謝アップ、ダイエット
  • 高血圧、動脈硬化の予防
  • むくみが気になる
  • 肌の乾燥、老化予防に
  • 髪や爪の状態をベストにする
  • 尿酸値が高い、痛風予防
  • 関節痛を和らげたい

日頃からモズクを食べるだけ、こんなにも健康的になると思うと、今日からでも是非モズクを食べ始めてはいかがですか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする